そろそろ日焼け止め対策を考えて置かなければならない時期になってきたかと思います。

会社のものや、屋外でのイベントも増えてくるでしょうし、日焼け止め対策をバッチリと仕込んで置かなければなりません。

 

手足や首筋など、顔以外にもちゃんと塗っています。

夜は夜で美白化粧品を使用し、シミの予防に努めています。

では、それぞれに日焼け止め、紫外線の対策の商品を選ぶ時は、SPF値とPA値というものを確認していると思うのですが、それってただ数値が高ければいいと思っていませんか?少なくとも私はそう思っていました。

 

ただ、高ければ紫外線からは、完全に防御してくれると、そう思っていたんです。

これはこれで間違ってはいないのですが、その分お肌に負担がかかる可能性も強いのも確かなんです。

すべての場面で、SPF値、PA値が高いものを使えばいいのかと言うとそういうわけでなく、場面場面で使い分けていくのがベストなのです。

 

SPFが高い日焼け止めは、紫外線吸収剤というものが多く含まれています。紫外線吸収剤というのは、あまり聞いたことなかったのですが、これあhそのままで、紫外線を吸収してくれるものです。吸収した紫外線を熱エネルギーに変換して、肌を守ってくれるのです。しかしその変換する時に熱が発生し、その時にお肌に含まれている水分を奪ってS蒸発して乾燥状態に陥ってしまうことがあるのです。

 

普段の生活で使用する分には、そんなに高いものを選ばなくてもいいのです。数値でいうとだいたいSPF値は30程度の日焼け止めを選んで使えばそれで十分な場合が多いです。

 

美白化粧品の成分というのは、目的としては、実は、黒くなったお肌を白くする、という効果は全く期待できないのです。本来の目的というのは、肌が黒く日焼けしてしまうことを予防するということなのですね、このへんは勘違いしている人は意外と多いのではないでしょうか。